So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ 35歳の高校生 第一話 ネタバレ 感想 ブログトップ

ドラマ 35歳の高校生 第一話のネタバレな感想 [ドラマ 35歳の高校生 第一話 ネタバレ 感想]

ドラマ35歳の高校生の第一話のネタバレありの感想です。
第一話を見たのですが、このドラマは謎だらけですね。
さっぱり分からない。はっはっは、非常に面白い。です。


主人公の35歳の高校生馬場亜矢子(米倉涼子)は、
その素性、35歳にして高校に編入する目的、
教育長(渡哲也)との関係性等、何も明かされていません。


正直、特殊任務を持った警察官とか、
そういうのをイメージしていたのでいい意味で
裏切られた感じです。


どちらかって言うとこういうキリッとしたイメージですよね?
交渉人 THE NEGOTIATOR2



そして、彼女の初回の動向を見る限り、
潜伏捜査、諜報員等の特殊スキルを持った専門家ではなく、
むしろ、過去にいじめにあったトラウマを持っている、
一般人に近い女性であると感じました。


彼女の過去をイメージさせる描写としては、

トイレ飯についてのコメント
クラスメートの長谷川里奈(広瀬アリス)が
トイレで一人ご飯を食べているのに気づき、
「あんた頭いいね、こんな方法があったんだ。」
と、声をかけた。

最初は意味が分からなかったのですが、
「同じ状況にあった過去の自分は思いつかなかった。」
という意味ですよね。


・過去回想シーン
長谷川さんが「友達なんていらない」と叫んだ時、
白黒の映像がフラッシュバックとして流れました。
説明はないですが、馬場さんの過去である可能性が高いですよね。


ここからは予想の範囲を出ないですが、
彼女は、渡哲也の娘かも知れないですね。


彼女の乗っている車、普通のOLが購入するモノでもないかなと。
彼女自身はバリキャリという感じでもないですし、
起業家、トレーダーや投資家の類でもないと感じました。
資産家の娘?かな?


本編の方も衝撃的で、スクールカーストとかってのがお題
初回は一人クラスで浮く女子高生、長谷川里奈さんのお話。

受験に失敗して、家庭内も学校生活もボロイ彼女、
友達も作れず一人トイレでご飯を食べ、
家庭では両親の不仲、トイレでリストカットをしようとしたところ、
馬場氏に止められ、家族の目の前でカミングアウト。
家族全員のすれ違いが解消され、一件落着という感じ。


長谷川さんは馬場氏の友達100人計画の最初のひとりに
名乗りでてくれましたね。
ドラマはずっと緊張状態だったので、とても救われた。


ドラマではありますが、高校生って
中途半端に大人になってきているあの年齢だからこそ、
理解のある大人の助けが必要な時があると感じます。


次回も馬場さんの活躍に期待!
では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドラマ 35歳の高校生 第一話 ネタバレ 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。