So-net無料ブログ作成
検索選択
ダンダリン 感想 ブログトップ

ダンダリン第四話 感想 松坂桃李は現代の冬彦なのか? [ダンダリン 感想]

ダンダリン 労働基準監督官の第四話の感想です。
視聴率は何とか維持できたようで7.2%でした。
どんどん話が暗い方、救われない方向に行っている気が…。


第四話は内定切りの話でしたね。
その原因は企業側の特別損失に対する補てん。
なるほど、経営側から考えると、
翌年は新卒とかとっていられない現状があると。。。


それにしてもひどい内定者研修もあったものだと
思っていたのですが、現実はもっと酷いようですね(汗)。
調べていて、驚きました。


以下はYahoo!知恵袋にあった内定者研修がまともかどうか
に関する相談だったのですが、内容が泣ける。。。


--以下引用--
関東圏の内定先不動産会社が持つ合宿所で2泊3日間でした。
○参加した内定者は90人(社員数250人の会社なのに)
○研修費用3万円がなぜか自己負担(人事曰く社員では無く内定者だからだそうです)
○軍隊のような怒号を浴びせられながら2時間マラソン
○社長の書いた本を精読し、夜中まで社長を賛美するグループディスカション
 (人事がOKするような結論を出すまで終われない)
○近くの駅前で、通行人がいる中大声で入社後の目標を叫ぶ(通行人に不審がられ写メ盗られました)
○数人の女の子の内定者は泣き出して消えた(辞退したんだと思います)
○最終日の朝礼で、今まで辞退して逃げた10人近い内定者の名前を人事が嬉しそうに発表していた。
○研修終わりの人事の言葉で、なぜか感動的な研修に仕立て上げられ、
 人事が泣き、内定者にも感動して泣きだすやつがいた(洗脳された)
--引用以上--


参加費が自腹!
学生から金とるとか、本当に酷いことする会社があるのだなと。。。
雇用を生み出すからといって、本当にこういう企業が必要なのでしょうかね?
本当に冗談としか思えない。



さて、話は変わってドラマ本編の笑いどころは2つ。
一つは酔っぱらった土手山課長(北村一輝さん)が、
南三条氏(松坂桃李さん)の家にに押しかけていって、
挙句の果て入浴中の南三条氏に突っ込む(笑)ところです。


マジメ・インテリキャラだった南三条氏、
意外とスマートなイメージなはずが、
なぜかシャンプーハット!!


そして困り果てた南三条氏は叫んだ(笑)。
「おかあさーん!!」
実はマザコンかよ!!なんてこったい。
この設定は笑ったなー。


そうそう、南三条役の松坂桃李さんと言えば、真剣レッドですよね。
まさか、殿、殿とか言われていた彼が
こんな売れっ子俳優さんになるとは。。。


このころは少しまだ顔が幼いですけど、
この五侍粋変化のように
太刀を構える姿はハマりすぎですよね~。



後は評判の定例会議の真鍋課長(佐野史郎さん)。
夢をあきらめる、あきらめないで田中氏(大倉考二さん)が反旗を翻すと、
1話から3話まで見せることのなかったキャラが突然でてきましたよ!!

あのキレっぷりはさすが佐野さん。
みるみる表情が変わり、怒りで顔が赤くなっていくのを
表現できるものなのかと。さすが名優は違うなー。
しかし第一話からきている伏線が、こんなところで使われるとは。


別の伏線であるダンダリンに脅迫メールを送っていたのは、
相場所長(賀来千香子さん)とばかり思っていたのですが、
今回で胡蝶沢氏(風間俊介さん)の線も出てきましたね~。


それにしても風間さんは嫌味な役が上手ですよね!
あれだけ「こいつ嫌な奴だなー」って思わせるってのは、
すごい演技力があるってことだと思います。


今後のダンダリンとの絡みに期待です!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダンダリン第三話 感想 竹内結子は3メートル以内に近づけない女! [ダンダリン 感想]

ダンダリン 労働基準監督官の第三話の感想です。
裏番組のリーガルハイの視聴率が、
21.2%から16.8%にガタ落ちしたにもかかわらず、
ダンダリンは7.8%から7.4%と、あまり変化もなく、
私のような固定ファンを捕まえたようです。


ただ、3話目はちょっと話が重かったですね
ドラマレビューとかに結構、
「もっとシリアスな展開を期待」的な書き込みも
多く見受けられたので、迎合してしまったのかも。。。


個人的には、1話、2話の天丼っぷりに見る
お笑い要素を強く押してほしかったのですが。
そういった意味でちょっと残念。


シリアスな展開を期待していた人は、
本当に3話目をみて面白いと感じたのでしょうかね?
私はもっと笑せて欲しいなと思いました。
せっかくの定例会議も盛り上がりに欠けてるー。
本当にもったいない。


しかし、3話目にもなると、ダンダリンの行動や特性にも慣れてきて、
不思議とダンダリン(竹内結子さん)が、
かわいく思えてきました(笑)。本当に不思議です!


とは言え、ダンダリンの竹内さんがが家に居たら困りものですが、
こういう竹内さんなら家に居てほしいですねー。
【送料無料】たけうちマルシェ [ 竹内結子 ]
かわいさが半端ない。ホントに同一人物なのか?


今回本編で唯一笑っえたのは、ダンダリンが
キレた土手山課長(北村一輝さん)から「3メートル以内に近づくな」
と言われて、それを逐一、律儀に守ろうとするところです。


特に最後は、言い合いの末、詰め寄る土手山課長に
「土手山課長、3メートル以内です!私はどうすれば?」
と少々後ずさりながら、淡々と、
それでいてちょっと戸惑いながら答えるシーンです。


さらにキレる土手山課長と必死に止める南三条氏(松坂桃李さん)(笑)。
ここがこのドラマの良いところですよね。
本当に面白い。


さて、そろそろ登場人物も出そろってきたころで、
あの怪しい脅迫メールは恐らく、
相葉社労士事務所の所長(加来千賀子さん)
から送られているものだと分かった感じですが(笑)。


後は、あの時々出てくるお葬式の回想シーン、
ダンダリンが前職場の青山署で起こした問題関連
だと思うのですが。そこがどう回収されるか。


土手山課長の家庭不和(というか離婚済みですけど)。
あれは最後何か救われるのでしょうかね?
今週は救いがなかったけど、
最後に赤いグローブを見て何か決意したように
見えましたけど。さてさて?


もう一つぐらいイベント発生しないとドラマとしては
盛り上がりに欠けそうな予感ですが(笑)。
第4話に期待したいと思います。

ダンダリン第二話 感想 天丼っぷりが吉本新喜劇並みです [ダンダリン 感想]

ダンダリン 労働基準監督官の第二話の感想です。
巷では第一話より面白くなっていると評価が上がっているようですね!
個人的には第一話の方が好きですが、
ドラマ自体の評価が上がっているのはうれしいですね。


今回のテーマはみなし店長ということで、
テーマとしてはそれほど面白いわけでもないですが、
相変わらずのお役所っぷりにもかかわらず、
同僚たちがダンダリンに巻き込まれていく様子は笑えます。


私が笑ったところは、課長の土手山さんがダンダリンに
暴力沙汰事件を収拾したのち、オフィスでしかるところです。
第一話とまったく同じ(笑)。いわゆる天丼です。


土手山さんの怒りっぷりと、ダンダリンのシカトっぷりが
まったく同じなんですよね。

まさに吉本新喜劇!

三回目やるとウケないというのが定石ですけど、
個人的には3話目もやって欲しい!


そして今回一番笑ったのが、定例会議で、
臨検調査に入る入らないで意見が分かれたときに放たれた
温田さんのこのセリフ
「ぼ、僕は多数派にいないと、ジンマシンがでるんですよ。」
どんだけ保守的なんだよと(笑)。


後は定例会議の真鍋部長ですね。相変わらずイイ!
「予定通りだね。 想定内だね。 問題は何も起きてないという事だね。」
を本当にうれしそうに言うシーン。そしてダンダリンがぶち壊す。
これも第一話とまったく同じ(笑)。いやー、笑える。


しっかし、真鍋部長の佐野史郎さんはずいぶん印象が変わりましたね。
佐野史郎さんと言えば、まさに「金曜ドラマ 誰にも言えない(テレカ)」の、
いかにも神経質なイメージですよね~。
この細縁の眼鏡フレームと7・3分けが何とも(笑)。
この表情でキレられたら、私は逃げますね。マジで。


そして一方、裏の本編ではダンダリンに送られている脅迫メール
「お前なんて、簡単に殺せるんだぞ?」
うぉー、ひどいギャップ怖すぎです!!


相手がわからないのに、相手は自分を知っている。
少なくとも個人情報は握られている。
ってのは、相当怖いと思います。。。


さてさて、天丼効果もどこまで続くのか?ダンダリン!!
第3話が楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダンダリン第一話 感想 リーガルハイよりココが面白い! [ダンダリン 感想]

ダンダリン 労働基準監督官の第一話の感想です。
実は水曜日の10時と言えば、、、
そう!フジのリーガルハイの時間ですよね。


不憫なことにリーガルハイの裏番組となっている
日テレのドラマが「ダンダリン 労働基準監督官」なのです。
現在の堺雅人さんの半沢直樹バブルを考えると、
ちょっとかわいそうな番組です(笑)。


しかし!視聴者は見てますよしっかり!!
(誰に話しかけてるのでしょう(笑))
スタッフのみなさん、かなり頑張っていると思います。


リーガルハイは期待したけど個人的にはちょっと残念。
境さんの良さが出きってないですね。開始20分で断念。
ギャグセンスも、正直ちょっと合わなかったです。


ドラマで面白さって追及するのが難しいのだろうか?
と思っていたところだったので、
このダンダリンは大ハマりしました。


元々原作は漫画のようですね。
あれ!?「原作のほう」はダンダリンが眼鏡かけているように見えませんか?
これドラマと見比べてみて、髪型や目力とか似過ぎですよね?
ホント笑える。
ダンダリン一○一


番組は最初こそ各キャラに感情移入しにくいところはあるものの、
伏線の張り方や、回収の仕方、後、何よりコメディの部分が面白いです。


ちょっと真面目な公務員の方はムッとするかもしれないほど、
思考や行動がいい具合にパロディ化されています。
それが濃縮されているのが、劇中の「定例会議」です。


『事なかれ主義が服を着て歩いている』と表現される
真鍋重夫役の佐野史郎さん、いい味出しすぎです(笑)。
コメディとはまさにこういうのを言うんだよな、
という舞台設定と空気づくり。大爆笑でした。


特に番組後半の盛り上がりもよく、意外なキャラが活躍します。
小宮瑠璃子さん役のトリンドル玲奈さん。ここも笑いました。
すっごい美人ですけど、劇中の扱いは意外とぞんざいなところも(笑)


ストーリーに意外性があり、コメディあり、それでいてサスペンス
という、なかなか期待できるドラマだと思いました。
第二話も超期待です!
ではでは。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ダンダリン 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。